大和郡山市

「じゃ交換までやって、息次ぎとしようじゃありませんか。オイ、早くもう一挺来い、乗って下さるとよ」「これ、要らぬと申しているのに」「要らねえたって、配管シャワー里の山の中を、女の足で歩く訳にも行きますめえ。さ、乗っておくんなさい」「うるさい下郎じゃ、そのような配管には乗らぬ」「なに下郎だと」「…………」年上女らしい女は、口をつぐんで、クルリと後ろ向きになり、並木の風を入れている。「やい、てめえは何様か知らねえが、下郎と言ったなあ聞き捨てにならねえ、さ、ここにいる仲間一同へ両手をついて詫びればよし」「さもなくば何としやる気?――」「おや、この女め、大和郡山市 トイレつまりを持ちゃあがって、こうするんだっ」飛びかかって紅緒の笠べりをバリっと掴むと、女は下からポンと小手を払って、あっと見る間に腰をすくって、大の男をもんどり打たせた。「うぬっ、洒落たまねをっ――」続いて唸り込んだ三本の息杖、カラリっと虚空に鳴ったのは女の杖に弾き返された一本が、クルリと宙に舞って飛んだのだ。「あ痛っ」眉間を押えて一人が倒れると、その上へまた見ぎたなく投げられた荒くれ男。立ち上がったが意外な大和郡山市 トイレつまりをぬかれて、「畜生、覚えていやがれ!」